バブアー・Barbour 正規取扱店 BLUE DUN

J Barbour and Sons Ltd. South Shields UK

Barbourは変わらぬ性能と耐久性で1894年以来、英国のフィールド&カントリーウェアーとして愛用され続け、エリザベス女王、エジンバラ公、チャールズ皇太子の命で英国王室御用達の栄誉を授かっています。 当店では多くのお客様に対応するOnlineショッピングはもちろん、実店舗にても豊富な在庫をご用意してお客様をお待ちしておりますので、お近くにお越しの際は是非ご来店くださいませ。

  • 2011年5月よりサービス向上の為、全て日本国内で行う事になりました。
  • バブアーのオイルドジャケットを常に最高の状態で着用していただくために、(株)ラヴァレックスにて、クリーニングとリプルーフ、修繕等のメンテナンスを、年間を通じて有償にて承ります。
  • ドライクリーニングにて、オイルドジャケットに染み込んだ、汚れた古いオイルを全て取り除き、その後新たに新しい防水オイルを塗り入れます。(水洗いではないので、水溶性の汚れに対しては完全には除去できません)
  • バブアー本社での研修を受け、7年以上のリプルーフの経験のある職人が、1点ずつ丁寧に仕上げて参ります。
  • 修繕内容は穴や裂け目の修繕、ライニングの修繕、擦り切れた袖口や末端部の修繕といった、ジャケットの機能回復が中心になります。
  • 裂け目は継ぎで繕いますので、見た目にわからなくなるようにはできません。(修繕部分のパーツ、糸、生地は現在使用されている部材での対応となります。また、商品の状態によっては修理不可能な場合もございます)
  • バブアー ジャケットは、世界最高品質のオイルドジャケットとして評価を頂いており、ユニークなアウターウェアです。
  • 最高級のエジプト綿に独自の防水オイルを施した ジャケットは防水性と通気性を両立させ、化学繊維では決して真似できない、アウトドアでの激しい使用に対応した機能性と、1894年より何世代にもわたって英国のアウトドアーズマンに試されてきた高い耐久性を兼ね備えています。
  • オイルドジャケットでは、目的に合わせてヘビーウェイト(8オンス)、ミディアムウェイト(6オンス)、ライトウェイト(4オンス)の3種類の厚さの生地を用意しております。
  • ヘビーウェイトは最も厚い生地で、飛び抜けた強度、頑丈さを誇り、厳しい寒さや最悪のコンディションでの完全防備、荒天時の耐久性を望まれる場合理想的です。
  • ミディアムウェイトは全天候向きでなおかつ動きやすく、悪条件や激しい使用にも耐えます。
  • ライトウェイトは非常に軽く、持ち運びも便利です。
  • 摩擦に対する抵抗力や頑丈さ、防寒性はやや劣るものの、防水性が高いことは変わりありません。
  • 用途にあった生地を正しく選び、適切なお手入れや注意をしていただければ、バブアー社の技術と伝統を長年にわたりお楽しみいただけると思います。
  • ここでは効果的なお手入れの秘訣をお教えしますが、ご購入いただいた最初の年には、より一層のお手入れをおすすめします。
  • 十分に「ならした」ジャケットの出来栄えはご期待をはるかに上回りご満足いただけるでしょう。
  • 防水オイルによる処理を施してあるという商品の特性上、ご使用方法によっては他のものに防水オイルが移染する可能性がございますので下記にご留意下さい。
  • 電車や自動車などの乗り物に乗る場合は着用をお避け下さい。
  • 移染を避ける為、オイルドクロス面が別の素材に触れないように、ジャケットを裏返して丸めておかれることをお勧めします。
  • シートや椅子に長時間放置すると移染する可能性があります。
  • 同様に、オイルドクロス面が別の素材に触れないように、ジャケットを裏返して丸めておかれることをお勧めします。
  • 長時間着用しているとパンツやスカートに移染する可能性があります。
  • 保管においては、クローゼットのなかで他の衣料に直接密着する状態を避け、通気性のよい布にかぶせて保管して下さい。
  • 防水オイルを洗い流してしまうため、オイルドジャケットは温水や洗剤を使用する従来の方法では洗うことができません。
  • 汚れや砂埃をブラシでよく払い落とし、水を含ませたスポンジなどで軽く表面を拭き取って下さい。(お湯は決して使用しないで下さい)
  • 温水や洗剤、溶剤や石鹸は絶対に使用しないで下さい。洗濯機の使用はできません。
  • 洗ったりドライクリーニングを行うと防水オイルが抜けてしまいます。
  • 濡れたジャケットは狭いスペースに置かず、暖かく風通しのよいところに掛けて、自然乾燥させてください。
  • 無理に乾かしたり、火に当てることは決してしないで下さい。
  • オイルドジャケットは高い防水性を備えておりますが、長年の使用や外部からの摩擦などでオイルが抜けていくと防水性や耐久性が低下します。
  • 特に肘や裾などの擦り切れやすい部分はオイルが抜けやすいのでご注意下さい。その場合はリプルーフ(ジャケットに防水オイルを再び塗り入れること)をおこなうことにより再びジャケットの防水性や耐久性がよみがえります。
  • ガソリンや石油系の溶剤、肥料、液体洗剤、動物の汗(高濃度のアンモニア)は布地やプルーフを傷めることがあります。
  • これらのものが付着したときは、より頻繁にリプルーフが必要になります。
  • リプルーフが必要になる頻度は、製品の着用頻度と使用方法によって異なります。
  • ジャケットの耐久性を維持する為に、定期的なリプルーフをすることをお勧めします。