「どうせ持つならいいものを、最上のものを」

フィルソン Filson® 正規取扱店 BLUE DUN

C.C. FILSON COMPANY Seattle, WA U.S.A

「どうせ持つならいいものを、最上のものを」 創業者 Clinton C. Filson

フィルソンは1897年、ワシントン州シアトルでゴールドラッシュに挑むための”アウトドア・クロージング・メーカー”として設立され。金の採掘という、衣類にとっては劣悪きわまりない環境で酷使されるために、最上の天然素材と一切の妥協のない設計・縫製でウェアの生産を開始し、やがてアラスカや北西部で働く男たちにとって、FILSONのマークは信頼と同義語であるとまで言われるようになった。ウールにおいては、原毛を刈り取ってから製品に仕上げるまで、いまだに2年以上の歳月をかける頑固さで取り組み、その頑固さゆえに、アメリカの森林警備隊、木こり、ハンター、そして冒険家など厳しい自然環境の中で真のクオリティを必要とする人々に愛され続け、アメリカ空軍・陸軍のスタッフ用としても一部使用されている。優れた品質と耐久性を語るなら「親から子へ、子から孫へ」と着継がれるというエビソードがいくつもあるほどだ。

  • 有償にて修理をいたします。
  • その場合の修理代金および送料につきましては個別にお見積もりの上、ご連絡いたします。
  • ボタンの紛失などの場合はパーツの入手も可能です。品番と、ボタンの部位などをご連絡下さい。
  • 尚、お取り寄せになる場合は少々お時間をいただくことになります。ご了承ください。
  • ご購入時当社の過失による商品不良は無償にて修理をいたします。
フィルソン・ワックス
  • 1. ワックスをアルミのボールなどに移し、湯せんし、ワックスを十分に溶かします。
  • 2. 溶けたら筆などで、塗りムラの無いように直接生地に塗ります。
  • 3. 風通しの良い日陰でオイルがなじむまで干します。
  • *冬場などでジャケットが冷え切っていると「塗りムラ」が起き易くなります。
  • 夏場の気温の高い時期に行うのが良いでしょう。
  • もし気温の低い時にオイルメンテナンスを行う場合は暖かい部屋で、ヘアードライヤーで塗り込む部分の生地を温めながら行うと良い結果が得られます。
フィルソン・バッグ
Filson Bags
フィルソンのタフなバッグ達
フィルソン・キャップ & ハット
Filson Cap & Hat
フィルソンのキャップ & ハット
シダー・ハンガー
Filson Cedar Hanger
ウールジャケット、ヘビーなジャケットに最適なハンガー
オイルフィニッシュワックス
Filson Oil Finish Wax
オイルフィニッシュ素材の手入れには欠かせないパラフィンベースのオリジナルワックス。
クリーニングブラシ
Collonil Cleaning Brush
コットンキャンバス製品の汚れ落としに最適!