「どうせ持つならいいものを、最上のものを」

フィルソン Filson® 正規取扱店 BLUE DUN

C.C. FILSON COMPANY Seattle, WA U.S.A

「どうせ持つならいいものを、最上のものを」 創業者 Clinton C. Filson

フィルソンは1897年、ワシントン州シアトルでゴールドラッシュに挑むための”アウトドア・クロージング・メーカー”として設立され。金の採掘という、衣類にとっては劣悪きわまりない環境で酷使されるために、最上の天然素材と一切の妥協のない設計・縫製でウェアの生産を開始し、やがてアラスカや北西部で働く男たちにとって、FILSONのマークは信頼と同義語であるとまで言われるようになった。ウールにおいては、原毛を刈り取ってから製品に仕上げるまで、いまだに2年以上の歳月をかける頑固さで取り組み、その頑固さゆえに、アメリカの森林警備隊、木こり、ハンター、そして冒険家など厳しい自然環境の中で真のクオリティを必要とする人々に愛され続け、アメリカ空軍・陸軍のスタッフ用としても一部使用されている。優れた品質と耐久性を語るなら「親から子へ、子から孫へ」と着継がれるというエビソードがいくつもあるほどだ。

フィルソン・マッキーノ・クルーザー
  • フィルソンが100年間にわたり、こだわり続けてきたのが最上の天然素材。
  • マッキーノウールもそのひとつで、フィルソンがウールと呼ぶのは100%のバージンウールだけ。
  • オレゴン州でとれる弾力に優れた原毛の中から上質のウールだけを使用しているのです。
  • こうして造られたフィルソンのマッキーノウールは優れた"湿潤熱"を備え、自らの重さ30%もの水分を含んだとしても不快な着用感を与えません。
  • 品質・耐久性・保温効果その全てに優れる最上の天然素材。
  • それがフィルソンのマッキーノウールです。
フィルソン・ティンクロス・パッカーハット
  • ティンクロスは、フィルソンが綿の原産地にまでこだわって造ったコットン100%の特製生地
  • ティン(錫/すず)が頑丈さの代名詞だった頃の愛称が定着し、この名になりました。
  • 上質コットンだけを丹念に織り込むことで耐久性・撥水性を高め、シミ抑制処理を施して雨や風、摩擦に対して極めて強い生地に仕上げました。
  • これをパラフィンベースのワックスに浸し、撥水・防風性を高めたものが「オイルフィニッシュダック(12.5oz)」
  • また、生の綿の風合いを残したのがドライフィニッシュと呼ばれる「フィルダック(11oz)」です。
フィルソン・シェルタークロス・パッカーハット
  • シェルタークロスは、通気性に長けたコットン100%の平織り生地です。その名前はミリタリーの"シェルターテント"に由来。
  • ティンクロスに比べ、さらに軽めのウェイトで仕上げられるのがその特長です。
  • 細かめの生糸を高密度に編み込むことで十分な強度を備え、着心地の良さならどんな素材にもひけをとりません。
  • これにオイル分を与え、ジャケット等に適した耐久性、撥水性、防風性等を持たせたものが「オイルフィニッシュ(8.5oz)」
  • また、素材本来のソフトな着用感を活かしたものが「ドライフィニッシュ(8.0oz)」です。
フィルソン・フライフィッシング・ベスト
  • カバークロスは、2プライ(双糸使い)でしっかり織り込まれたコットン100%の生地
  • フィルソンのコットンクロスの中でも6オンスという最も軽量な仕上がり
  • これまでにない柔軟性で、初めて着たときから体に馴染みます。
  • また生地そのものも耐久性が高く、通気性にも優れるため、
  • 暖かい気候での激しい動きの伴うアウトドア活動に最適。
  • さらに冷気や雨などからも体を快適に保つパラフィンベースのワックスに浸し、撥水・防風性を高めたものが「オイルフィニッシュ(6oz)」
  • また、素材本来のソフトな着用感を活かしたものが「ドライフィニッシュ(6.0oz)」です。
フィルソン・バッグ
Filson Bags
フィルソンのタフなバッグ達
フィルソン・キャップ & ハット
Filson Cap & Hat
フィルソンのキャップ & ハット
ティン・ゲーム・バッグ
Tin Game Bag
15ozの「極厚」ティンクロス・オイルド・コットンを使用。史上最高との呼び声が高いタフなハンティング・ベスト。
オイルフィニッシュワックス
Filson Oil Finish Wax
オイルフィニッシュ素材の手入れには欠かせないパラフィンベースのオリジナルワックス。
クリーニングブラシ
Collonil Cleaning Brush
コットンキャンバス製品の汚れ落としに最適!