The Brannock Device The Industry Standard for Over 75 Years since 1928年 in ニューヨーク

ブランノックデバイス Brannock Device ■About US ■Brannock History ■アーチレングスの重要性 ■必ずお読み下さい ■使用方法 ■メインテナンス

“Charles F. Brannock”の手によって誕生した、世界基準のフットサイズ計測器。

世界中のシューズ・メーカー、靴店が標準装備する、フットサイズ計測器。『ブランノック・デバイス』

ブランノックデバイス Brannock Device

靴(フットウェア)のサイズと足のサイズは同じではありません。なぜなら、足はフットウェアの中で「適度な空間」を必要とします。 それにより快適さが得られ、フットウェア本来のパフォーマンスが発揮されるのです。 Brannock Deviceはその「適度な空間」を加味した最適な靴のサイズを示し、踵からつま先、ウィズ、アーチレングスといったフィッティングに不可欠な3点の計測を、足を計測器に当てるだけで正確な測定値が得られる設計になっています。 今日のフットウェアは最大のパフォーマンスと快適さを得られるよう慎重に設計され、日々進化し製造されています。しかしフィッティングなくしてそれらを最大限に引き出す事は不可能です。 不適切なフィッティングで選ばれた靴は、すべての状況でパフォーマンスと快適さを損ないます。人々は1日の3/4もの時間をフットウェアと供に過ごす訳ですから適切なフィッティングが絶対不可欠なのです。 フットウェア業界においてメジャーリングの標準規格品である、フット・メジャーリング「The Brannock Device」は、測定における高精度、高品質、機能的でありながらシンプルなデザインが認められ、世界中のフットウェアを扱う店舗のセールス・パーソンに支持されています。

アーチレングスの重要性 ブランノックデバイス Brannock Device

右図のように2つの足はどちらも同じ長さなのですが、指の長さがそれぞれ異なります。 適切なフィッティングとは踵からつま先のオール・オーバー・レングスだけではなく、カカトからボール部(親指の付け根の関節)までのアーチレングスもまた考慮しなくてはなりません。 シューズはアーチ部(土踏まず)が屈曲するよう設計されています。つまりシューズと足のボール部を合わせる事により、アーチ部が理想的に屈曲し、その結果として自然と指先のゆとりが作られるのです。

アーチレングスの重要性 ブランノックデバイス Brannock Device

カカトからつま先のオール・オーバー・レングスのみ重視し、不適切にフィッティングされた場合はさまざまな障害が足に生ずるばかりか不快感を覚え、シューズの故障にも繋がります。左図参照

アーチレングスの重要性 ブランノックデバイス Brannock Device

シューズと足のボール部が一致する事により、アーチ部がシューズにサポートされて理想的に屈曲します。するとつま先がまっすぐな状態になり、シューズとの間に適度な空間も与えられます。 これが理想の形なのであり、自然とシューズの型崩れ等も防ぎ、快適なシューズとより長く付き合えるのです。左図参照

Brannock Device は「実際の足のサイズ」を測る"わけ"ではございません。「どのサイズの靴を選べば良いのか」を測る道具です。
大人の方であれば「実際の足のサイズ」と「選ぶ靴のサイズ」は、ほぼ同じサイズを表示します。
しかし、子供用(Jr)の場合は「実際の足のサイズ」より約1cm小さい「選ぶ靴のサイズ」を表示します。
なぜなら、各メーカーが子供の成長を見込して、標準の「捨て寸*」より1cm長い靴を作っているためです。
かたや Brannock Device では、子供の「実際の足のサイズ」にピッタリの靴のサイズ(捨て寸 0.9cm*)を表示するため、メーカー指定よりも1cm小さい靴のサイズを表示します。
もし子供の成長を見込した場合は、Brannock Device の表示よりも、お好みの大き目のサイズをお選び下さい。
※「捨て寸」とは爪先と靴の空間のことで、一般的に大人用は約1.6cm、子供用は約0.9cmとされています。
※ 特に子供用(Jr)の場合は、各メーカーの「捨て寸」の考え方の違いにより、同じサイズ表記でも「実際の靴のサイズ」が違うようです。
※ ご検討されている靴のメーカーに、ご確認頂くことをお勧め致します。